うめはら整骨院院長からのご挨拶

うめはら整骨院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

うめはら整骨院、院長の梅原利浩と申します。私の生まれ育った江戸川区葛西の地で信頼される整骨院を作りたい、柔道整復の業を通じ人々のお役に立ちたい、そんな思いをもって西葛西に開院させていただきました。地域の方々に愛される整骨院を目指します。
お身体でお悩みの方は、ぜひご相談ください。誠心誠意治療に専念させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。  院長 梅原利浩

患者様一人ひとりに、明るく元気に暮らす為のお手伝いをさせて頂きます!!

うめはら整骨院

当院の特徴

うめはら整骨院では、肩の痛み、腰の痛み、寝違い、膝の痛みなどの日常生活やスポーツが原因で起こった症状をお持ちの方は健康保険での治療を行います。

自費治療

健康保険に延長治療をしたい方や健康保険を使わない方に自費治療もご用意しています。

交通事故・自賠責保険

交通事故のお悩みは当院へご相談ください。交通事故が原因で起こった症状をお持ちの方は、自賠責保険の取り扱いとなります。自賠責保険での治療を希望する方は、当院が保険会社と連絡を取り、その後の手続きは当院が行います。患者様の窓口負担はありません。

柔道整復術とは

柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨・関節・筋・腱・靱帯などの原因によって発生する骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対し手術をしない「非観血療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる日本独自の治療術である。

歴史

柔道整復術の源流は戦国時代の武術にたどることができる。武術の書物には「殺法」 「活法」の記述がみられる。殺法は敵を殺傷する技、活法は外傷を治療する技術であり、殺法と活法は時代とともに発展・変遷をとげた。これらのうち活法が発展して現在の柔道整復術ができあがったといわれる。武芸者が道場を構えるようになって以降、道場生の怪我を治せる技術があることが道場主に必要な要素となった。
明治維新後は西洋万能の風潮の中、1881年(明治14年)の漢方医学廃止によってそれまでの接骨術が顧みられなくなった。これに対して1912年(明治45年)、柔道家・柔術家の職業として認められるよう柔術家を中心に運動が起こり、1920年(大正9年)の内務省令によって柔道整復師として公認された。その技術を持つ者は柔道整復師として認定され柔道家・柔術家の収入源となった。その後1970年(昭和45年)の柔道整復師法の成立、1989年(平成元年)の同法改正で教育内容の充実が図られ、試験及び免許に関する事務権限が都道府県知事から厚生労働大臣への変更、1993年(平成5年)に第1回目の国家試験の実施などを経て今日に至る。

当院の場所

当院の場所は、東京メトロ東西線西葛西駅から南に向かって清砂大橋通りを横断し、そのまま真っすぐ来ていただくと左側に東洋言語学院様が見えます。その先になかの歯科クリニック様がございます。当院はそのビルの2階です。
ビルの左側にエレベーターがございますので、2階で降りていただければ当院の玄関がございます。西葛西駅から徒歩で約9分です。お待ちしております。